桑名の百鶴

これも帯の柄です。
三重県は桑名市の無形文化財として一枚の和紙から数羽の鶴を折るやり方が
伝えられています。 江戸時代に魯縞庵義道という人によって考案されたそうで、
その最高峰が百羽の鶴を一枚から切れ込みだけで折り出したものです。

画像
0

この記事へのコメント